事務代行業務

労働保険事務組合

労働保険事務は、通常各事業所にて行われますが、「忙しい」「手続きが苦手」という事業主の方には、その事務の全てを労働保険事務組合安城商工会議所へ委託することができます。 また労働保険事務組合安城商工会議所は、労働大臣の認可を受けた団体です。

委託できる
事業主
常時使用労働者が300人(卸売・サービス業=100人、小売=50人)以下の安城商工会議所会員事業所の事業主。
委託手数料
  • 委託組合員平等割5,400円(税込)
  • 両保険委託組合員労働者1人につき1,080円(税込)
  • 片保険委託組合員労働者1人につき540円(税込)
  • 特別加入者1人につき540円(税込)
委託できる
事務の範囲
  • 概算保険料、確定保険料などの申告及び納付に関する事務
  • 保険関係成立届、雇用保険の事業所設置の届出等に関する事務
  • 労働保険の特別加入の申請等に関する事務
  • 雇用保険の被保険者に関する届出等の事務
  • その他労働保険の適用徴収にかかる申請、届出、報告等に関する事務

労働保険とは?

労働保険とは、労働災害補償保険(労災保険)と雇用保険とを総称したことばです。事業所は労働者を1人でも雇っていれば、事業主・労働者の意思にかかわらず、強制適用で労働保険に加入するぎむがあります。

労働保険 労働者の事務災害及び通勤災害について必要な保険給付を行い、併せて災害を受けた労働者の社会復帰、労働者の安全、衛生確保、保護の充実など労働福祉事業も行っています。
雇用保険 労働者が失業した場合に、失業中生活の安定を図りつつ、再就職を容易にするための失業給付や再就職手当、常用就職支度金の支給を行うほか、失業の予防、雇用の安定・改善を図るため、事業主に対して各種の助成をする制度です。
労働保険
事務組合
労働保険の事務手続きは事業主が、最寄りの監督署又は職業安定所に直接手続きをするのが原則ですが、事業主へ負担となっている場合が少なくありません。 そこで労働事務組合において、事業主に代わって事務処理を行います。

>>前へ戻る




このページのトップへ