事業所紹介詳細

碧海パック株式会社ジャンボカートンから包装改善まで・・・ダンボールはリサイクルの優等生!

 今回ご紹介する事業所は、篠目町から新和泉工場に移って5年目になる『碧海パック株式会社本社ダンボール工場』です。
 工場内に入ると、あっと驚く印刷機のお化け?幅5メートル長さ30メートルはあるジャンボ機でびっくり仰天。精密なバーコード、QRコード印刷も、高いレベルでの信頼を得ているそうです。
 このフレキソ印刷機は中部地区でもまだ数台しかない優れもの。それは色替のインキ回収が全面可能になり、従来型のように大量の廃液を出すことがなくなりました。メーカー自慢の地球にやさしい最新鋭機だそうです。
 もうひとつのびっくりは、壁いっぱいに立ったドラクターのお化け?CADデジタルカッターの活躍です。図面ソフトによってパソコン入力をすると、すごい速さでサンプルを切り出していきます。昔は、設計者がカッターナイフで作っていたそうです。
 碧海パック株式会社では、お客様の視点に立った包装改善を繰り返し提案しています。『日々共育』は会社の経営理念。お客様も会社も社長も社員も家族も『共に育つ』がチームキーワード。共に向き合っていく関係を大切にし、価値あるものを日々見つけ出す努力によって、全てが成長を図れる風土を目指していると藤田社長は話して下さいました。
(2005.01)


住所 安城市和泉町北大木4-13
TEL 0566-73-8583
HP http://www.hekikai-p.co.jp

>>事業所紹介へ戻る



このページのトップへ